赤ら顔改善に対する漢方の考え方とオススメの漢方薬

赤ら顔に悩み、様々な方法を試してみたものの、なかなか良くならないという方も多いでしょう。原因がハッキリしている赤ら顔であれば、それなりに治療法もありますので、改善していく可能性が高いです。ただ、原因不明な状態で赤ら顔になっていることも少なくありません。

そういった場合には、自分の体質を変化させて赤ら顔を改善するという方法があります。体質を変える方法として有効なのが、「漢方」の力を借りることです。

ドラッグストアなどでも販売されていますし、皮膚科などで処方してもらう事もできますので、今回は漢方の効果についてお話をしたいと思います。

赤ら顔改善には「気」「水」「血」のバランスを整える!

まず漢方の考え方について紹介しておきましょう。病気というのは、体の中の「気・エネルギー」「水・リンパ液や水分」「血・血液」のバランスが乱れることで起こるというのが、漢方いわゆる東洋医学の考え方です。

つまり、これら気・水・血のバランスを整えてあげることで、体質が変化して病気の症状が改善するという治療法です。

それでは、赤ら顔になりやすい、気・水・血のタイプについて解説していきたいと思います。

「血」のバランスが乱れている

血の循環が悪くなっているタイプの人は、毛細血管拡張や酒さによる赤ら顔になっているケースが多いです。

酒さなどの赤ら顔は、血の循環が悪くなっている「おけつ」という状態になっていますので、皮膚が熱をもって顔が赤くなってしまいます。

そんな「血」のバランスが乱れているタイプの特徴は

  • 肩こり・便秘・生理不順がよく起こる
  • 血液の流れが悪い
  • 肌にツヤがない乾いている
  • 傷や日焼け跡が消えにくい

そんな「血」のバランスが乱れているあなたにオススメの漢方薬は

  • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
  • 桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
  • 温経湯(ウンケイトウ)
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

「気」のバランスが乱れている

気にバランスが乱れているタイプは、アトピーやニキビ、更年期の火照りなどが原因の赤ら顔になっている可能性があります。エネルギーの流れが滞ってしまうタイプです。

そんな「気」のバランスが乱れているタイプの特徴は

  • イライラしやすい
  • 頭痛、耳鳴りがする
  • 情緒不安定
  • ニキビやアトピーがある
  • 更年期障害の火照りやのぼせがある
  • 手足が冷えているのに顔がのぼせる

そんな「気」のバランスが乱れているあなたにオススメの漢方薬は

  • 加味逍遥散(カミショウヨウサン)
  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
  • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

「水」のバランスが乱れている

水のバランスが乱れているタイプは、水分が不足していて、全体的に乾いており熱をもっているので、赤ら顔になります。

そんな「水」のバランスが乱れているタイプの特徴は

  • 眼精疲労、口内炎、扁桃腺、耳鳴り、めまいがある
  • 午後になると熱っぽさが増す
  • 髪の毛も肌も乾燥しているが、手足が熱い

そんな「水」のバランスが乱れているあなたにオススメの漢方薬は

  • 天王補心丹(テンノウホシンタン)
  • 知柏地黄丸(チバクジオウガン)
  • 滋陰降火湯(ジインコウカトウ)