あなたはどのタイプ?赤ら顔の種類を把握しよう

赤ら顔というのは、意外と目立つものなので、どうにかしたいと考えている方も多いでしょう。人前で顔が赤くなる、いつも顔が赤い、どちらにせよ恥ずかしいと感じている方がたくさんいらっしゃいます。

そんな赤ら顔というのは、名前の通り「顔が赤くなっている状態」のことをいいます。実は赤ら顔には、様々な種類がありますので、今回は、そんな赤ら顔の種類について詳しくお話をしていきたいと思います。

血管が見えて肌が赤くみえる赤ら顔

血管が膨張して血液が増えたり、皮膚が薄くなったりすることで、本来は皮膚の上から見えないはずの血管なのに、透けて見えてしまう事があるのです。すると、顔が赤く見えてしまい、赤ら顔になってしまいます。

血管が透けてしまうタイプには、大きく分けて2種類あります。

人前に出ると赤ら顔になる

まずは人前に出ると緊張して赤ら顔になってしまうという、いわゆる「赤面症」と呼ばれるタイプです。

ストレスを感じたり緊張した場面になると、自律神経が影響して血管が膨張します。すると、顔がどんどん赤くなっていくのです。

鼻の周りや頬が赤くなる・気温の変化で赤くなる

鼻の周りや頬が赤くなってしまう赤ら顔、気温の変化で赤くなる赤ら顔というのは、皮膚が薄いという原因が隠されています。鼻や頬の周りというのは、毛細血管がたくさん存在しています。

皮膚が薄くなっていると、毛細血管が浮き出て見えてしまう事があります。それから、皮膚が薄いと血管が少しだけ広がっただけで、すぐに皮膚から透けて見えてしまいます。ですから、気温の変化にも影響されて赤ら顔が出てきてしまう事があります。

皮膚自体が赤くなる赤ら顔

お次は、皮膚自体が炎症などで赤くなっているタイプの赤ら顔について、ご紹介したいと思います。

ニキビが原因

赤ニキビができると、皮膚が炎症を起こして赤くなります。

赤ニキビというのは、赤いニキビ痕を残してしまうので、完治する前にまたニキビができると、そこで炎症が起きてしまいいつまでもニキビが繰り返すようになります。

そして、いつも皮膚がニキビのせいで赤くなっている状態が継続すると、色素沈着してしまい、赤ら顔になってしまいます。

肌荒れが原因

肌荒れや肌トラブルが原因で、皮膚が炎症を起こしてしまう事があります。こう言った場合には、かなり強い赤みが出てきますので、赤ら顔になってしまいます。

この肌荒れという状態は、皮膚のかぶれ・かゆみ・皮がむける・つっぱりなど様々なトラブルのことを指します。

脂漏性皮膚炎が原因

皮脂の分泌量が増えてしまうと、皮脂が皮膚の上で酸化してしまいます。すると、酸化した皮脂が炎症を起こして皮膚が赤くなってしまいます。

この脂漏性皮膚炎では、毛穴が開いて赤くなってしまうという特徴があります。

ちなみに、ニキビが一緒にできることもありますので、そうなれば益々赤みが増していきますので、注意が必要です。

脂漏性皮膚炎 – 新宿駅前クリニック