なんで赤くなるの!?赤ら顔の5つの原因

顔が赤くなる状態を赤ら顔といいますが、なぜ赤ら顔になってしまうのでしょうか?赤ら顔は汚く見えてしまう事もありますので、多くの人が悩みとして抱えています。そこで今回は、赤ら顔の原因について詳しく見ていきたいと思います!

赤ら顔になる原因とは?

赤ら顔というのは「毛細血管拡張症」とも呼ばれています。そんな赤ら顔になってしまう原因について、5つの原因をご紹介します。

皮膚が薄い

皮膚には二層目に真皮という部分がありますが、その真皮には毛細血管がたくさん存在しています。毛細血管というのは本来であれば、皮膚の表面から見ることはできません。

しかし、皮膚の一番表面にある表皮が薄くなっていると、毛細血管が透けて見えてしまうのです。

それが原因となり、皮膚が赤く見えてしまいます。中でも頬や鼻というのは皮膚が薄くなっていますので、より赤く見えてしまいます。

体質や気温

皮膚に存在する毛細血管というのは、気温に合わせて血管を拡張したり伸縮させたりしています。この動作で温度を一定に保っているのです。

拡張と伸縮を繰り返していると、毛細血管の収縮力が低下してしまいます。

すると皮膚の温度を下げないために拡張していた毛細血管が、そのまま拡張されっぱなしになってしまいます。すると、歓談の差で顔が赤くなってしまうのです。

それから、生まれつきで毛細血管の数が多い人もいれば、体質により血管が拡張している人もいらっしゃいます。

ニキビ

炎症を伴っている赤ニキビができると、皮膚が赤くなってしまいます。これは炎症により血管が拡張されているからです。

基本的にはニキビが治れば炎症も治まりますので、赤みも消えていきます。

しかし、ニキビが完治していないのに、新しいニキビができてしまうと、ずっと炎症が継続した状態になり、真皮や皮下組織に赤い色が色素沈着してしまうのです。それが原因となり、赤ら顔になってしまいます。

皮脂による炎症

皮脂の分泌量が増えると、皮膚には余分な皮脂が付着して蓄積します。

すると皮脂は参加してしまい、酸化した皮脂と皮膚の間にいる常在菌が反応をして、炎症がでてしまいます。皮脂が原因の場合、鼻周りに赤みが出てくるようになります。

アルコール・香辛料・薬

血管や毛細血管を拡張する作用があるアルコールを飲んだり、刺激のある香辛料を摂取しすぎると、血液が滞ってしまいます。すると血液が溜まりやすくなってしまい、赤ら顔になることがあります。

ほかにも、アトピー性皮膚炎でステロイド外用薬を使っていると、血流が滞ってしまい、赤ら顔になることがあります。

このように、様々な原因によって赤ら顔は発症してしまう事が分かりました。自分の赤ら顔は、どういった原因が隠されているのかをチェックしてみてください。

そして、自分にあった赤ら顔のケアをすることが、1番の解決策になりますので、正しい判断で自分の状態をしっかり見極めてみてくださいね!