顔の赤みや痒みは「菲薄化(ひはくか)」の可能性も

顔が赤くなってしまい、痒みが出てくるという方は多いと思います。実は、その症状は皮膚が薄くなっていることが原因で、怒っている可能性があります。

顔が赤くなり、痒みが出るというのは、とても厄介なものですよね。なぜ、そんな症状が顔に現れてしまうのか分かりますか?

皮膚が薄くなる原因というのは、間違ったスキンケアで角質層がダメージを受けている可能性が1番大きいです。

40代であれば、こう言った原因で顔が赤くなり痒みが出てくるという状況が考えられるのですが、それ以降の年代であれば、もしかすると真皮層がダメージを受けてしまっている可能性があります。

そして、この真皮層がダメージを受けて皮膚が赤くなったり痒みが出てきたりする症状を「菲薄化(ひはくか)」と呼びます。いったい菲薄化とはどういった症状なのか?詳しく見ていきましょう。

菲薄化の原因は加齢にあった

真皮層にあるコラーゲン、エラスチンの量というのは加齢とともに少しずつ減少しています。コラーゲンは、肌に弾力を維持させる働きを持っており、エラスチンはコラーゲン同士を結合させる働きを持っています。

こういった肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンが減少していくと、肌を構成している細胞を生成する能力が衰えていき、結果的に表皮が薄くなってしまいます。

そして加齢により、ターンオーバーのサイクルも乱れてきます。基本的に若い年代で皮膚が薄くなる原因というのは、角質層がダメージを受けたからという部分にありますので、真皮層は関係ありません。

しかし年齢を重ねて皮膚が薄くなった原因というのは、真皮層も角質層も薄くなっているのです。

そんな菲薄化は加齢が原因となっていることが多いのですが、加齢だけが原因というわけでもないのです。年齢を重ねると、菲薄化しやすいというのは事実なのですが、若い年代でも起こりえることではあります。

例えば、間違ったスキンケアをしたり、ピーリングをやり過ぎたり、洗顔の時に皮膚をゴシゴシ擦ったり・・・こういった行為が菲薄化を招きます。

加齢とともに起こる「肌の菲薄化」の原因と影響とは?

女性ホルモンが関係している?

菲薄化は女性ホルモンが減少することが影響しているとも言われています。皮膚の潤いや女性らしさを生みだす元となっているのは、女性ホルモンのエストロゲンです。

ただ、エストロゲンは更年期を境にして、どんどん分泌量が減っていきます。そして最終的には、分泌されなくなっていきます。

40代後半で皮膚の内側が痩せていき、50代以降で乾燥肌やシワといった状態が見えてくるようになります。女性ホルモンが減少するのは自然な事なので、食い止めることはできません。しかし、保湿ケアなどをして菲薄化を予防することは可能です。

つまり、早めに菲薄化のケアをしていくことで、年齢を重ねた時に症状が現れない、軽度で済むといった効果が現れるようになります。今ここでケアを怠らないようにして、菲薄化が起きないように頑張ってみるのもいいのではないかと思います。