鼻だけ赤くなるのはなぜ?小鼻の赤みの原因と対策

小鼻が赤くなってしまうと、なんだかとても老けて見えますし、清潔な感じがしないですよね。赤みが気になってしまい、メイクを濃くしてしまう事もありますが、それが逆効果になることもあります。

今回は小鼻の赤みの原因や改善方法などをご紹介していきたいと思います!

小鼻の赤みの原因と対処法

小鼻の赤みの原因は、いくつかありますので、原因別に対処法をご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

小鼻の炎症

小鼻の赤みは炎症が原因の可能性があります。

  • スキンケアをしている時に肌に刺激を感じることがある
  • ピーリングやスクラブで小鼻周りをケアしている
  • 鼻の周りを触る、擦ることが多い
  • ファンデーションのパフが汚れている、洗わない

これらに当てはまっていませんか?肌を摩擦したり、刺激のあるスキンケアで肌や毛穴に炎症が起きてしまうのです。炎症が原因の場合は、刺激を与えないような低刺激の化粧品を使って、肌に負担がかからないように心がけてみてください。

鼻、頬、アゴの赤みケアで人気!

白漢しろ彩(化粧水)

毛細血管にアプローチして赤鼻をケア!

気になる鼻の赤みに、海洋性エキスと和漢植物のちからで毛細血管にアプローチする化粧水です。

赤ら顔に対する実証試験では、28日間の使用で86%の人に赤みの軽減が確認されています。

30日間の返金保証付き

白漢しろ彩の詳細はこちら

小鼻のニキビ

小鼻にニキビができて赤くなっている可能性があります。

  • ニキビ痕が赤くなっている
  • ニキビの周りが赤い

こういった方は、ニキビが原因で鼻が赤くなっています。毛穴に皮脂や角質が詰まってニキビができるのですが、最初は白ニキビができます。その白いニキビが悪化していくと、黒ニキビになり、さらに黒ニキビが悪化すると赤ニキビができます。この赤ニキビの状態が、鼻を赤く見せているのです。

ニキビのケアをしっかりと行って、ニキビが繰り返しできないようにすると赤みも改善されていきます。

体質で小鼻が赤い

体質が原因で小鼻が赤くなっている可能性があります。

  • 小さい頃から小鼻が赤かった
  • すぐ顔が赤くなる
  • 肌が白くて赤みが目立つ
  • 皮膚が薄くて血管が見えている

こう言った場合は、体質が原因で小鼻が開くなっています。ケアをしてもなかなか改善が難しいタイプです。メイクをすることなどで、赤みを目立たなくさせることはできます。それから、美容皮膚科での治療であれば改善させることもできます。

アレルギーで小鼻が赤い

アレルギーが原因で小鼻が赤くなっている可能性があります。

  • くしゃみや鼻水が出る
  • 目がかゆい
  • 皮膚がかゆい

こんな方は、アレルギーが原因で顔が赤くなっているかもしれません。皮膚が過敏になって刺激を受けやすくなっています。アレルギー症状を抑えるような治療をすれば、赤ら顔を改善することができます。

毛細血管が広がって小鼻が赤くなる

毛細血管が拡張して小鼻が赤くなっている可能性があります。

  • 寒い地域で暮らしていた
  • 寒暖差が大きい場所にいる
  • すぐに顔が赤くなる
  • 肌が白い
  • 些細な刺激で皮膚が赤くなる
  • 皮膚から毛細血管が見える

こう言った場合は、毛細血管が皮膚から見えている可能性があります。肌に刺激を与えないようにして、皮膚を冷やさないように気を付けてください。

皮脂が原因で小鼻が赤い

皮脂が原因で小鼻が赤くなっている可能性があります。

  • 赤みがあって痒みもある
  • 皮膚が荒れている、剥がれる

このような方は脂漏性皮膚炎になっているかもしれません。皮脂が過剰に分泌されているので、気になることがあれば皮膚科を受診してみてください。