赤ら顔の原因は肝臓かも?肝機能低下と赤ら顔の関係

気が付いたら赤ら顔になっていた!なんでいつも顔が赤くなってしまうのか?そんな風に不思議に思ったことはありませんか?

もしかしたら、その赤ら顔は肝臓が原因の可能性があります。肝臓が原因の赤ら顔は、アルコールの過剰摂取や肝機能低下が関係しているかもしれません。さらにアルコールを摂取すると、毛細血管が拡張するので、そういった原因も考えられます。

それでは、肝臓と赤ら顔の関係をご紹介していきますので、当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。

肝臓を赤ら顔の関係とは?

肝機能低下で赤ら顔

肝臓は沈黙の臓器と言われているくらいに、症状がなかなか出てこない臓器です。ですから、赤ら顔の原因が肝臓だった場合は、深刻な病気の可能性も考えられるのです。もしも疑わしい症状があれば、すぐに病院を受診してください。

肝機能低下で血行が滞る

アルコールを過剰摂取したり、食生活が乱れたりすると肝臓はずっと活動することになります。すると、肝臓の機能はどんどん低下していきます。

そうなってくると、体の中にある有害物質が分解、排出されにくくなるので、血行が滞ってしまいます。この状態が、ドロドロ血液と呼ばれるものです。

ドロドロ血液になると、顔に血液がまわってこなくなり、赤ら顔になってしまうのです。それから、顔が赤くなればなるほどに、アルコール性肝硬変になっている可能性も考えられますので、アルコール摂取量が多い方は血液検査などを受けてみるといいでしょう。

アルコール過剰摂取で毛細血管が拡張

アルコールを過剰摂取すると、毛細血管が広がってしまいます。

すると血行が滞ってしまい、血液が溜まってしまいます。皮膚が赤く見えて赤ら顔になってしまうのです。

肝臓が原因の赤ら顔を改善させるには!?

休肝日を作る

肝臓は胃の機能が低下して肝臓が過労状態になり、肝機能低下として症状がでてくるようになります。こういった状態が長引くと症状が出やすくなるので、しっかりと休肝日を作ってあげましょう。

水分をしっかり補給する

水分を摂取しながらアルコールを飲めば、体の中のアルコール濃度が緩和されますので、肝臓の負担が少しでも軽減されます。

アルコール分解の時に肝臓の負担が軽くなるので、水分を取りながらアルコールを楽しんでください。

必要な栄養素を摂取する

アルコールを分解する時には、ビタミン・タンパク質・ミネラルが消費されますので、これらの栄養素をしっかりと補給しながらアルコールを楽しんでください。

血行を促進させる

血行を促進させて、肝臓の機能をアップさせて赤ら顔を改善していくことができますので、血行が良くなる食べ物を食べるようにしましょう。

豆腐・青魚・納豆・トマト・さつまいも・鶏肉・玉ねぎ・海藻・ピーマン・甲殻類・貝類など。

赤ワインがおすすめ

アルコールの中でも赤ワインには、ポリフェノールが含まれていますので、抗酸化作用が期待できます。

体に良いと言われる抗酸化作用ですから、アルコールを摂取するなら、あ革インがオススメです。